IT

2023年6月号 <FOCUS/ソリューション>

動画制作支援サービスの効果

Focus

“一目瞭然”を具現化するサポート手段
動画制作支援サービスの効果

近年は人手不足や業務効率化の観点から、顧客の自己解決を促すFAQの重要性が高まっている。しかし、Web操作や機器の設定などの複雑な内容は、テキストや画像での説明だけでは伝わりにくい。有効とされる動画を使ったサポートも、その作成法に戸惑う企業が多い。BPOベンダーは、こうしたニーズを捉え、動画制作支援サービスを提供している。

 「1分間の動画から伝わる情報量は文字に換算すると180万語に相当する」──米国の調査会社、Forrester Researchが2014年4月に発表した研究結果だ。

 「一目瞭然」という言葉があるように、動画による説明は、テキストや画像などに比べてはるかにわかりやすく、顧客体験を高められる。Webサイトでの会員登録、Webアプリケーションの操作方法、商品の組み立てや機器のセットアップなど、複雑・高度化する生活スタイルにおいて、自己解決を促す手段として極めて有効だ。しかし、テキストや画像ほど“ノウハウの民主化”が進んでおらず、かつ制作する手間も時間もないという企業は少なくない。

 どのような動画であれば離脱されずに最後まで視聴してもらえるのか、顧客に伝わりやすい説明の仕方、動画を起点にさらなる情報提供する方法など、動画制作とひと言でいっても手法やノウハウはさまざまだ。そこでBPOベンダーでは、蓄積したサポートノウハウをもとに、動画FAQの制作支援サービスを提供している。

ビーウィズ
Web操作に特化した動画制作
ECなど会員制ビジネスに有効

トランスコスモス
分岐・リンク・情報表示が自在
“さわれるFAQ”で利便性アップ

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年05月20日 00時00分 更新

その他の新着記事