IT

2023年12月号 <FOCUS/ソリューション>

“クラウド型プラットフォーム”主要各社の戦略

Focus

「アバイア本格参入」で市場は変わるのか──
“クラウド型プラットフォーム”主要各社の戦略

日本アバイアが2024年初頭に、新たなパブリッククラウドサービスの提供開始を表明している。クラウド型コンタクトセンター・プラットフォーム市場の競争はさらに激化するはずだ。今後、“だれ”が市場の主導権を握るのか。また、プラットフォームとして、どのように機能進化していくのか。主要ベンダー各社の戦略から検証する。

 すでにレッドオーシャン化しているクラウド型コンタクトセンター・プラットフォーム市場に、オンプレミス領域のトップベンダー、日本アバイアがパブリッククラウド型サービス「Avaya Experience Platform(AXP)」を2024年1〜3月期に投入を予定している。クラウドシフトの加速とともに、市場競争の激化が予想されるなか、主要ベンダー各社の動静を探る。

記事内で取り上げているベンダー(掲載順)

ジェネシスクラウドサービス
アマゾン ウェブ サービス ジャパン
コムデザイン
リンク
OKI
日本アバイア

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年11月20日 00時00分 更新

おすすめ記事

その他の新着記事