SBI生命保険、社内サポート業務の生成AIエンジンをアップデート

SBI生命保険

SBI生命保険(東京都港区、小野 尚代表取締役社長)は、2024年7月にオペレータ向けAIチャットボットおよびITサービスデスクのAIプラットフォームを刷新する。オペレータ向けAIセルフボットに最新モデルの「GPT-4o(omni)」を採用、ITサービスデスクの音声自動案内サービスに活用している米Anthropic社のAIツール「Claude Instant」も最新のAIモデルにアップデートする。

同社は2023年7月に、米Amazon Web Service(以下、AWS)が提供する検索エンジン「Amazon Kendra」にGPT-4を組み込んだオペレータ向けAIチャットを開発、運用開始した。2024年5月、最新モデルのGPT-4o(omni)にアップデート。業務フローは上図の通り、検索時のキーワード抽出でGPT-3.5、検索結果の要約でGPT-4oを活用。これにより、検索する時間の短縮を見込む。

 
ITサービスデスクでは、AWS「Amazon Bedrock」に米Anthropic社のAIツール「Claude Instant」を実装し、AIオペレータによる自動音声サービスを構築、2024年1月に運用開始している。同年3月に最新モデルのClaude3 Haikuを採用した。業務フローは上図の通り、AWSの「Amazon Connect Voice ID」は声紋登録・認証に活用、今回採用したClaude3 Haikuは、FAQ回答として運用する。

2024年06月17日 13時21分 公開

2024年06月17日 13時21分 更新

おすすめ記事

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)(240426画像差し替え)

●コールセンター用語集(マネジメント編)

●コールセンター用語集(ITソリューション編)

記事検索 

  • CS Media「E-Book」

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入