IT

経産省、中堅・中小企業へのDX支援に関するガイダンスを策定

経済産業省は、「DX支援ガイダンス:デジタル化から始める中堅・中小企業等の伴走支援アプローチ」を策定した。取り組み企業の事例集なども公開している。

 

労働人口の減少や、市場縮小などの課題に直面するなか、中堅および中小企業にとっても、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みは不可欠になっている。同省も、DXに取り組んでいる企業の労働生産性、売上高は大きく向上しているとの見解を示す。しかしその一方、「人材や情報、資金が不足している中堅および中小企業が独自にDXを推進することは難しく、地域の伴走役たる支援機関によるDX支援という『新たなアプローチ』を追求することが有効」と考えている。

 

こうした背景から、同省では2023年11月より「支援機関を通じた中堅・中小企業等のDX支援の在り方に関する検討会」(座長:三谷慶一郎 エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所 主席研究員 エグゼクティブ・コンサルタント)を立ち上げた。中堅および中小企業などに対するDX支援の在り方について、全国各地域でDX支援に取り組む支援機関へのヒアリングも含め、議論を重ねてきたという。これらの議論を取りまとめる形として、支援機関が中堅・中小企業に対するDX支援を実施する際に考慮すべき事項について解説した「DX支援ガイダンス」を新たに策定した。

 

本ガイダンスでは第1章「本ガイダンス策定の背景・目的」において、位置付けを明示。第2章「企業DXの考え方及び現状」にて、DXの考え方やとくに中堅・中小企業などのDXの現状について解説している。そのうえで、第3章「DX支援の考え方・方法論」では、DX支援の重要性や想定される主な支援機関、DX支援へのコミットメント、DX支援のアプローチ拡大に向けた考え方、DX支援の具体的な方法論を中心に考え方を整理。次ぐ第4章「支援機関同士の連携」において、支援機関同士の連携の意義や考え方を提示している。第5章「DX支援人材の在り方」においては、DX支援人材のマインド・スキルセットや人材育成の考え方をまとめている。

 

DX支援に積極的に取り組んでいる、全国各地の支援機関の事例も整理し、別冊事例集としてまとめている。事例集では、本ガイダンスの内容に則り、「DX支援の取組」「支援機関同士の連携」「DX支援人材」の観点から、各支援機関の取り組み事例および、「支援機関に向けたメッセージ」も併せて整理している。

なお、DX支援ガイダンスはこちらから確認できる。

2024年04月03日 06時30分 公開

2024年04月03日 06時30分 更新

DX

おすすめ記事

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク1)

●コールセンター用語集(マネジメント編)

●コールセンター用語集(ITソリューション編)

記事検索 

  • CS Media「E-Book」

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入