IT

オリコ、SELFのチャットボット「SELFBOT」を提供開始

オリエントコーポレーション(東京都千代田区、飯盛徹夫代表取締役社長、以下:オリコ)は、SELF(東京都新宿区、生見臣司代表取締役)と共同で、企業の顧客対応業務の効率化およびサービス向上を推進することに合意。オリコの加盟店や取引先のデジタル化支援を推進するとともに、顧客が抱える課題に対し、適切なソリューションを提供する取り組みの一貫として実施する。

なお、オリコのグループ会社のオリコ ビジネス&コミュニケーションズ(東京都千代田区、上原幸治代表取締役)とSELFが販売代理店契約を締結し、3社にて加盟店や取引先企業にAIチャットボットサービス「SELFBOT」の導入を進めていく。

システムイメージ

「SELFBOT」は、SELFが開発したChatGPT連携AIチャットボットサービス。主な特徴は以下のとおり。

 

・LLM(大規模言語モデル)とRAG(検索拡張生成)の技術を導入

Word/PDF/PowerPointなどのドキュメントやWebサイトのURLを、システム上に登録することで学習が行え、設定が完了できる。

・社外向け・社内向けAI、どちらにも対応が可能

ひとつの管理画面上で、「社外向け」「社内向け」のAIチャットボットの両方に対応が可能。設定や管理もしやすく、AI活用を効率的に促進できる。

・回答精度を高めるための独自機能を開発

学習精度を高めるための独自のチューニング、ユーザーセグメントごとに情報を使い分けすることができるシステムなど、回答精度を高める独自の機能を有する。

・使いやすさを追求した操作画面

管理者向け設定画面は、直感的な操作を可能にし、専門知識が不要。

ユーザー向けの利用画面では、引用情報のプレビュー表示のほか、関連する言葉の提案といった独自のユーザビリティ機能も持つ。

2024年03月25日 17時35分 公開

2024年03月25日 17時35分 更新

おすすめ記事

その他の新着記事