2023年11月号 <センター探訪>

プレステージ・インターナショナル

138度の曲線を描くカフェテリア

138度の曲線を描くカフェテリア

階段の踊り場にある休憩スペース

階段の踊り場にある休憩スペース

プレステージ・インターナショナル

コミュニケーションを強化し居心地を醸成
「138度」が生むプライベート空間と対話

 BPO事業を展開するプレステージ・インターナショナルは、東北や北陸に9カ所の拠点を開設。その1つ、山形BPOパークは、2021年にリニューアルし従来の2倍に増床、900席以上が稼働している。

 増床の際、充実を図ったのが、ミーティングと休憩スペースだ。規模が大きくなれば、その分、さまざまな人材が集まり、コミュニケーションは自ずと課題になる。カフェテリアを社屋の中央に配置し、従業員が集い自然なコミュニケーションが生まれる場所にした。

 社屋全体が丸みを帯びた構造で、上から見るとリボン形状の「RIBBON棟」と、「138度」の曲線を描く「ARCH棟」が広がる。この角度によって、カフェテリアのどの席にいても、正面の人と視線がぶつかることなく落ち着いて休憩できる。一方で、曲線上を移動する際には、周囲に目が行き届きやすく、従業員同士の挨拶や対話を生みやすい。プライベートな空間とコミュニケーションを両立し、居心地の良さを醸成する。

 リニューアルの際、カフェテリアをはじめレイアウトの設計に携わった管理部長(取材当時)の大滝千里氏は、「経験値の蓄積こそが、高品質なサービスを継続して提供するための原資。『働き続けたい』と思ってもらえる環境づくりを徹底しました」と振り返る。

 執務室やミーティングルームは、基本的にガラス張りでお互いの働きぶりが確認できる。大小さまざまなミーティングルームがあり、オープンなミーティングエリアには滝が流れ、流水音によって会議の声が響かないようにさりげなく配慮する。

 山形県酒田市は、Uターン人材も豊富だ。今後も長く働ける環境で、多くの若手の成長を支援する。

社屋全体のレイアウト図

社屋全体のレイアウト図

オープンなミーティングエリア

オープンなミーティングエリア

廊下にもミーティングができるスペースを設置

廊下にもミーティングができるスペースを設置

水流でミーティングの音漏れを防ぐ

水流でミーティングの音漏れを防ぐ

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年10月20日 00時00分 更新

EX

その他の新着記事