2020年1月号 <ソリューション&サービス>

ソリューション & サービス

<コーナー解説>
ITソリューションの導入に関し、背景や動機、選定要素と運用ポイントを聞く事例記事です。

コミュニティ運用支援ソリューション

「炎上させない」「活性化する」
“交流”をマネジメントするサポートツール

サポートコストの削減、ロイヤルカスタマーの醸成、VOC活用、パートナー企業との情報連携──。コミュニティサイトが企業にもたらすメリットは多いが、その運用管理は容易ではない。主要な支援ソリューションを提供する各社は、良質なコミュニケーションを促進するための機能の充実を図っている。

 サブスクリプションモデルのビジネスの台頭を背景に、継続的な利用を促すための施策として、顧客(または消費者)同士がインターネット上で情報交換を行えるコミュニティサイトを活用する企業が増えている。顧客に有益な情報を提供してファン化を促すとともに、オペレータや従業員には伝えにくい直接的な意見を吸い上げる「センサー」の役割を担うチャネルとして機能するための運用支援ソリューションを紹介する。

図 ユーザーコミュニティの活用目的と運用のポイント

図 ユーザーコミュニティの活用目的と運用のポイント

※画像をクリックして拡大できます

記事内で取り上げているベンダー(掲載順)

オウケイウェイヴ
セールスフォース・ドットコム
Zendesk