2019年7月号 <カイゼンの軌跡>

カイゼンの軌跡

<コーナー解説>
コールセンターの業務改善のビフォー・アフターを中心に施策をまとめます。

富士通コミュニケーションサービス

激戦区でブルーオーシャンを見出す
「働くママさん」に絞った採用戦略

今月のHints!

Hints

 富士通コミュニケーションサービスの黒崎サポートセンターは、採用激戦区の北九州市において、「育児中で今は働くことが難しい主婦」とつながる施策を展開し、中長期的な採用戦略を行った。現在は一定の成果を得て、他エリアでの横展開も開始している。ポイントは次の3つ。

 (1)応募しやすく親しみやすい職場をアピールするために既存の富士通ブランドイメージにこだわらないメディア展開、(2)職場見学会に来た応募者と「つながり続ける」ためのメルマガ発行、(3)時短勤務制度の強化やキャリアパスの訴求。

(左)ソリューション本部 第六事業部 第二サービス部部長 倉方慶子氏、(右)ソリューション本部 第六事業部長 大野知佐子氏

(左)ソリューション本部 第六事業部 第二サービス部部長 倉方慶子氏、(右)ソリューション本部 第六事業部長 大野知佐子氏

図 構築したブランディングツール類

図 構築したブランディングツール類

※画像をクリックして拡大できます