IT

スパイラル、「SPIRAL」と「着信認証」を連携

スパイラル、オスティアリーズ

スパイラル(東京都港区、佐谷宣昭代表取締役CEO)は2024年4月、提供中のローコード開発プラットフォーム「SPIRAL」と、オスティアリーズ(東京都新宿区、大野祐治代表取締役)が提供する、電話番号による本人認証ツール「着信認証」との連携を開始した。ここれにより、本人認証手続の工数を削減できる。

具体的な活用イメージは上記の通り。認証用ページに「着信認証」のAPIを組み込むと、ランダム生産された電話番号が表示され、そこに発信すると本人確認が完了する。

従来、SMSでコードを通知する方法のみだったが、本人認証を行う手段の選択肢が増え、SMSが送信できない固定電話でも確認が可能となる。

2024年05月15日 15時40分 公開

2024年05月15日 15時40分 更新

SMS

おすすめ記事

その他の新着記事