1日3分のストレスをやわらげるイスヨガ 第46回

2024年4月号 <1日3分のストレスをやわらげるイスヨガ>

川村 明

コラム

第46回

イスに座る基本姿勢

今回は、下半身の運動不足を改善するヨガをしましょう。イスに座って長く仕事をすると、下半身の血流が滞りがちになり、長く続くと筋肉の働きが弱くなり、疲れやすくなります。今回は、下半身の筋肉を鍛えて、下半身の血流を改善して、リフレッシュしましょう。

イスのポーズ[A]

足を腰はばに広げ、イスに浅く腰掛けて、両手を膝の上におき、背中をのばして5秒キープ

イスに座る基本姿勢です。これらのポーズを継続しておこなえば、下半身の筋肉が働くようになります。

イスのポーズ[A]

イスのポーズ[B]

「イスのポーズ[A]」をした後に、上半身を前に傾けながらイスから腰を少し浮かせて5秒キープ

下半身、とくに大腿四頭筋を鍛えるポーズです。下半身の血流が改善され、下半身が楽になります。

イスのポーズ[B]

イスのポーズ[C]

「イスのポーズ[A]」「イスのポーズ[B]」をした後に、両手を前にのばして5秒キープ

その後ゆっくりイスに坐りましょう。下半身の筋肉が更に鍛えられ、下半身の血流が改善し、下半身がリフレッシュされます。

イスのポーズ[C]

できるところまででいいので、トライしてみて下さい。ただし、首や肩や腰などに痛みがあったり、硬い方は無理をしないようにしてください。

プロフィール
かわむらクリニック院長
AKヨガ代表
川村 明
医学博士。日本東洋医学会専門医。AK Yoga Webクラス開講中。
ブログ発信中 https://ameblo.jp/kawamura-akira/

2024年03月20日 00時00分 公開

2024年03月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入