2021年12月号 <DATA FILE/今月の就業データ>

DATA FILE

就業形態/エリア別有効求人推移──厚生労働省

有効求人倍率推移(季節調整値)

 9月の有効求人倍率は前月比0.02ポイント上がり、1.16倍。パートタイムがやや上昇傾向。10月以降は、飲食などで求人数が増えているようだ。

有効求人倍率推移(季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

 コールセンター集積地(北海道、宮城県、東京都、福岡県、沖縄県)東京都、沖縄県が前月を上回っている。観光地が多いため、緊急事態宣言明けの動向は要注目だ。

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます

全国およびコールセンター集積地の新規求人倍率(季節調整値)

 新規求人倍率は全国で2.1倍と急増している。集積地別では東京都以外は上昇しており、緊急事態宣言明けを見据えて求人に乗り出す企業が多かったと推察される。

全国およびコールセンター集積地の新規求人倍率(季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます