2021年11月号 <ソリューション&サービス>

ソリューション & サービス

<コーナー解説>
ITソリューションの導入に関し、背景や動機、選定要素と運用ポイントを聞く事例記事です。

音声認識システム

もはや認識率は選定要素ではない!
活用シーンごとに追求した機能を検証

導入機運が高まっているITソリューションの筆頭が、音声認識システムだ。従来の「認識率が低い割には費用が高い」というイメージは薄れている。しかし、ベンダーやSIによると「依然として認識率が課題になることは多い」状況だ。それよりも「用途に応じた期待効果を重視すべき」という主要各社の最新ソリューションを検証する。

 音声認識システムの選定は、「目的を達成するために機能を備えているか」を検討すべきだ。「認識精度」や「価格」のみを判断材料とすると、結果的に導入してもうまく活用できていないことが多い。音声認識の用途を整理したうえで、各社の音声認識システムを検証する。

図 主な用途と活用例

図 主な用途と活用例

※画像をクリックして拡大できます

記事内で取り上げているベンダー(掲載順)

アドバンスト・メディア
Hmcomm
NTTテクノクロス
Nuance Japan
日立情報通信エンジニアリング
ベリントシステムズジャパン