2021年10月号 <注目のソリューション>

ソリューション & サービス

オプテージ
コンタクトシーン高度化ソリューション「Enour」

チャット/チャットボットの運用ノウハウ凝集
機能連携でエフォートレスな顧客対応を実現

電話・メールに次ぐ第3のチャネルとして急速に普及が進む有人チャット/AIチャットボット。効率的かつ高品質な顧客対応を実現するには、高度な機能・操作性を備えたソリューションが不可欠だ。関西電力グループのオプテージが開発する『Enour(エナー)』は、長年にわたり自社コンタクトセンターで培ったチャット/チャットボット運営の知見・ノウハウを凝集。現場が求める機能を多数、備えている。

図 「Enour」の各機能を連携し、マルチチャネルサポートの高度化を実現

図 「Enour」の各機能を連携し、マルチチャネルサポートの高度化を実現

※画像をクリックして拡大できます