2021年1月号 <DATA FILE>

DATA FILE by HDI-Japan

新型コロナウイルス感染症拡大に関する調査
──野村総合研究所

在宅勤務で「主体性」「勤続意向」が向上
職場へのロイヤルティ向上にも寄与

在宅勤務は、従業員のモチベーションや職場へのロイヤルティにどのような影響をおよぼしているのか。野村総合研究所は、約5000人を対象にインターネットでアンケートを実施。生活の質が向上することで職場へのロイヤルティが高まる傾向や、家庭との両立が図られることで育児中の女性の活躍に対する期待が高まっていることが分かった。

図 コロナ禍における働き方の変化

図 コロナ禍における働き方の変化

※画像をクリックして拡大できます