2020年6月号 <Focus/トピックス>

Focus

HRにイノベーションをもたらす!
「ウィズコロナ/アフターコロナ時代」の人材採用

ツナグ働き方研究所 主任研究員
神宅 謙一郎(かんやけ けんいちろう)

たった3カ月で採用環境は激変した。応募者と会社で面接し、対面研修を行い勤務がスタートする。そんな当たり前の光景は姿を消している。新型コロナウイルスの猛威は採用活動にもおよび、2019年までの当たり前がまったく通用しなくなった。「ウイルスと共生する企業活動」の中で、採用活動について解説する。

 新型コロナウイルス感染症は、業務を遂行する現場はもちろん、採用環境にも大きな影響をおよぼしている。従来のエントリー → 対面面接 → 集合研修→ OJTというプロセスは、もはや通用しない。企業の採用に関してさまざまな支援を実践するツナグ働き方研究所の神宅謙一郎氏が、「ウィズコロナ/アフターコロナ」の人材採用について解説する。

 記事中には、企業の採用活動を支援するHRテックツールを多数紹介。コールセンターの採用現場でも使えるものばかりだ。

図 ウィズコロナ/アフターコロナ時代の人材採用ポイント

図 ウィズコロナ/アフターコロナ時代の人材採用ポイント

※画像をクリックして拡大できます