2020年1月号 <サービスのプロに聞く>

竹内 大貴 さん

<コーナー解説>
店舗など、コールセンター以外を含めた接客やサービスのプロにその心構えやノウハウを聞きます。

納品物は写真ではなく“最高の顧客体験”
笑顔を伝染させる秘訣とは

スタジオアリス
としまえん店 マネージャー
三浦 菜摘 さん

Profile

2008年、新卒でスタジオアリス入社。大学では保育学科で学び、より多くの子どもと関わり成長記録を残していきたいという思いから、現職を選んだ。現在はマネージャーとして、現役カメラマンとしての仕事をしながら、サブマネージャーの教育も行っている。

 「一番に提供したいのは写真ではなく、とびっきりの体験です」──子どもの笑い声が響くスタジオでそう語り始めたのは、こども写真館 スタジオアリス としまえん店 マネージャー、三浦菜摘さんだ。三浦さんはカメラマンでありながら、顧客との撮影打ち合わせ、着付け、ヘアメイク、撮影まで、店長としてのすべてのスタジオ業務を担当している。

 「ビジュアルとして優れた写真を撮ることも大切ですが、サービスマンとしてご両親に喜んでもらう撮影を目指しています」(三浦さん)。

 どのような立ち回りが、最高の顧客体験を生み出すのか。まずは子どもが撮影を楽しんで、笑顔にならないと始まらない。三浦さんは「自分自身が子どもになって楽しむこと」とその秘訣を明かした。