2019年5月号 <Focus/トピックス>

Focus

即戦力採用はもはや“ないものねだり”
「辞めない人材」を育てる養成施設の効果

変わりつつある採用現場。引く手あまたで競争が激しい即戦力人材は、コールセンターでの採用はもはや難しい。ベルシステム24は、従来ならば採用できなかった人材を就労前に養成する施設「SUDAchi」を開設。スキルのみならず帰属意識を高める取り組みも実践し、センター全体のパフォーマンス向上に挑む。

 年々厳しさを増す雇用状況。一般的にコールセンターの運営現場では“即戦力”が求められるが、優秀な人材ほど引く手あまたで採用できないケースがほとんどだ。また、雇用できてもより良い条件があれば転職する可能性があり、安定した人材確保・維持は困難となりつつある。大手アウトソーサーのベルシステム24は、即戦力の雇用の限界を見据え、育成したうえで現場に配属するための新たな施策を模索。2017年に新人養成施設「SUDAchi」を開設した。

 SUDAchiは、従来の採用基準ならばスキル不足から採用を見送っていた人材を雇用し、コールセンター業務に必要なコミュニケーション力やタイピングなどの技能を就労前に習得することで戦力化を図る就業支援施設。現在は、池袋、みなとみらい(神奈川県)、仙台、名古屋、松江(島根県)の5拠点に展開している。本誌では、SUDAchiの狙いと具体的な取り組みについてまとめるとともに、導入効果や将来像に迫る。

SUDAchi池袋プレトレーニング・センターの様子(左)。池袋プレトレーニング・センターのトレーナー(右)、上段左:松草さおり氏、右:鈴木ユカ氏、下段左:小澤美由紀氏、右:蜂巣正美氏

SUDAchi池袋プレトレーニング・センターの様子(左)。池袋プレトレーニング・センターのトレーナー(右)、上段左:松草さおり氏、右:鈴木ユカ氏、下段左:小澤美由紀氏、右:蜂巣正美氏

※画像をクリックして拡大できます