2018年11月号 <ソリューション&サービス>

ソリューション & サービス

<コーナー解説>
ITソリューションの導入に関し、背景や動機、選定要素と運用ポイントを聞く事例記事です。

クラウド型コンタクトセンタープラットフォーム

25社29製品にみる「価格」と「価値」
最大の選定ポイントは“将来像”

クラウド型コンタクトセンタープラットフォームは、もはや“中小規模センター向け”のソリューションではない。大手金融機関やそれらをクライアントに持つテレマーケティング会社などが積極的に採用、今や主流を形成しつつある。25社29製品の対応チャネルや提供機能から、選定のポイントを検証する。

 コンタクトセンタープラットフォームの新規導入やリプレースにおいて、クラウドを検討する企業が増えている。一方、クラウド型コンタクトセンタープラットフォームは年々増加傾向にあり、利用料金は“数千円から数万円”と幅広く、対応チャネルや提供機能もさまざまだ。導入プラットフォームと自社が実現したいカスタマーサポートとのミスマッチを起こさないよう、将来性も含めた検討が必要だ。主要各社が提供する29製品を一覧表にまとめた。

主要製品一覧