2016年12月号 <DATA FILE/今月の就業データ>

DATA FILE

就業形態/エリア別有効求人推移──厚生労働省

集積地ごとの有効求人倍率は、沖縄県が0.96倍と1倍を下回ったが、他では大きな変化はない。とくに東京および横浜などの都市圏は獲得競争が激化しているようだ。

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます