2016年11月号 <DATA FILE/今月の就業データ>

DATA FILE

就業形態/エリア別有効求人推移──厚生労働省

集積地ごとの有効求人倍率は、沖縄県が1.0倍とやや下がったが、依然として全エリアで売り手市場が継続。とくに東京は2倍超えで、「春先より厳しさを増している」というセンター管理者が多い。

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます