鹿児島市、企業誘致に関する市内視察補助金制度を開始

鹿児島市は4月1日から、企業誘致に関する市への視察費用の補助を開始した。

「現地視察及び立地環境調査補助金」として、1社当たり10万円(1回限り、最大2人まで)を限度に補助金を支給するほか、市職員による現地視察のサポートも行う。

鹿児島市HPより

対象となるのは、情報通信業関連(ソフトウェア業・情報処理サービス業・情報提供サービス業・インターネット付随サービス業)、研究開発施設、コンテンツ制作業・デザイン業・機械設計業、コールセンター、事務処理センター、本社機能、製造業。

コールセンターは、インバウンドコール(受電業務)のみに限る。また、対象業種の業歴3年以上が必要。

 

対象要件は、

1)       鹿児島市への進出を検討している鹿児島県外の企業

2)       鹿児島県内に本社、事業所を設置していないこと

3)       立地協定の対象となる事業所の設置を検討していること

4)       企業立地促進補助金の交付要件を満たす事業を計画(新規雇用者数3~30人以上 ※業種による)していること

 

同課は、「実際に鹿児島市を視察してもらい、進出の足掛かりにしてほしいと補助制度を開始した。視察では教育機関やオフィスビルへのアテンドをはじめ、企業の要望に応じて、できる限りのサポートをしたい」と意欲を見せる。

 

補助制度についての詳細はこちらから確認を。問い合わせ先は、産業局産業振興部産業創出課(099・216・1314)。

2024年04月03日 15時30分 公開

2024年04月03日 15時30分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入