2022年12月号 <今月のキーワード>

平均応答率

わたちゃん

平均応答率

 日本のコールセンター運営企業が最も重視するKPI──それが「平均応答率」だ。編集部が実施した「コールセンター実態調査」における回答企業の平均値は例年、90〜92%の間に収まる。

 しかし、消費者を対象とした「コールセンター利用者調査」では、「待ち時間が長くてつながりにくい」という不満が最も多い。両者には「つながりやすさ」に対する認識に埋めがたいギャップがある。

 この原因こそが、応答率を重視したマネジメントにある。応答率ではつながりやすさを可視化することはできない理由をに示す。とくに「平均値」は、カスタマーエクスペリエンスの観点からはほぼ、意味をなしていないことがわかるはずだ。確かに、経営者に「つながりやすいセンター」の証左として示すには、便利な指標である。しかし、顧客視点を重視するのならば、せめて「サービスレベル」(次号で解説)を時間帯ごとに検証する習慣が必要といえる。

図 応答率がつながりやすさを示すKPIにならない理由

図 応答率がつながりやすさを示すKPIにならない理由

※画像をクリックして拡大できます

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2022年11月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(コムデザイン)

●コールセンター用語集(マネジメント編)

●コールセンター用語集(ITソリューション編)

記事検索 

  • CS Media「E-Book」

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入