2022年1月号 <ソリューション&サービス>

ソリューション & サービス

<コーナー解説>
ITソリューションの導入に関し、背景や動機、選定要素と運用ポイントを聞く事例記事です。

現場が求めるIT

旬なツールの共通項は「安・早・易」
垣間見えるクラウドシフトの留意点

コールセンターの業務改善にITソリューションの導入は欠かせない。毎年開催している「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス」の来場者向けに展開している「コンシェルジュサービス」に寄せられた質問をベースに、「真に現場が求めている旬のソリューション」を検証する。

 官民挙げた「DX」志向を受けて、さまざまなエンタープライズ向けITソリューション市場が好調に推移している。コールセンター向けも例外ではなく、プラットフォームからアプリケーションまで、コロナ禍はむしろ追い風になったと言ってもいいだろう。

 とくにさまざまなソリューションがクラウド化されたことで、運営企業の「選択肢」が増え、提案する側は従来以上に「現場のニーズ」をくむ必要性が高まっている。そこで、編集部は主催イベント「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2021 in 東京」の来場者から寄せられた「コンシェルジュサービス」への問い合わせを検証。主な来場者である現場のマネジメント層が持つ「真のニーズ」を浮き彫りにする。

表 コンシェルジュサービスに寄せられた質問

表 コンシェルジュサービスに寄せられた質問

※画像をクリックして拡大できます

2024年01月31日 18時11分 公開

2021年12月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)(240426画像差し替え)

●コールセンター用語集(マネジメント編)

●コールセンター用語集(ITソリューション編)

記事検索 

  • CS Media「E-Book」

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入