横須賀市、ChatGPTと連携したチャットボットを試験公開

神奈川県横須賀市は2023年8月、OpenAI開発のテキスト生成AI「ChatGPT」を活用した他自治体向けチャットボットの運用を開始した。

横須賀市は他自治体に先駆け、2023年4月にChatGPT活用における実証実験を開始。トラストバンク(東京都渋谷区、川村 憲一代表取締役)が提供する自治体専用チャットツール「LoGoチャット」と連携し、市役所内の全社員がアイデアの創出、文書の作成に活用している。

この取り組みを受け、80を超える自治体からChatGPT活用に関する問い合わせをうけたことから、その対応が行えるチャットボットをChatGPTベースで構築した。

 

横須賀市 他自治体向けチャットボットの一例
公式サイトへ移動


チャットボット構築のために導入したプラットフォームは、システムベンダーのmiibo(東京都渋谷区、功刀雅士代表取締役CEO)が開発・提供する会話型AI構築プラットフォーム「miibo」。ノーコードでGPT-3.5およびGPT-4と連携し、独自開発のチャットボットやLINE・Slackなどのボットを構築できる。

横須賀市のChatGPTの取り組みに関するデータや、他自治体からの問い合わせのデータを、追加のデータベースとして整備することで、ChatGPT単体では回答が難しかった、「横須賀市のChatGPTの取り組み」についても回答できるようにしている。

横須賀市によると、今回の取り組みは他自治体向けの試験的なもので、今後は市民向けチャットとしての運用を目指す考えだ。

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年09月01日 13時16分 更新