IT

カラクリ、『KARAKURI chatbot』に100言語超に対応した翻訳機能を追加

カラクリ(東京都中央区、小田志門代表取締役CEO)は、インバウンド需要の拡大に伴い、AIチャットボット『KARAKURI chatbot』のオプション機能として、100以上の言語に対応した翻訳機能を追加した。

KARAKURI chatbotは、2018年のローンチ以来、主に日本語ユーザーをメインとする金融・通販サービスに向けて提供してきた。

翻訳機能は、1つのチャットボットで多言語対応が可能なことを特徴とする。エンドユーザー(顧客)が利用するブラウザの言語設定に合わせて提示するFAQを自動で翻訳する。100以上の言語をカバーし、少数言語の訪日外国人にもきめ細かな対応が可能。また、言語ごとに専用のチャットボットを構築する必要がなく、日本語のFAQを用意するだけで対応できるため、運用の負荷も少ない。


翻訳機能のイメージ
翻訳機能のイメージ
 

今回の機能追加により、観光や賃貸、交通案内などでのチャットボットの利用拡大を図る。

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年08月28日 12時00分 更新