2022年8月号 <Focus/トピックス>

Focus

権利を守りデータ利活用を促進する!
「改正個人情報保護法」への対応

2022年4月、改正個人情報保護法が施行された。改正の主な狙いは、情報保護の強化と利活用の促進だ。個人の権利の拡大や罰則の強化などもある一方で、“顧客の不利益を生まない体制”を整えたうえで、個社のビジネス拡大と経済活性化のために、積極的なデータ活用を促している。

 国内で個人情報保護法が施行されたのは、2005年。以降、企業に蓄積されるデータは増加の一途をたどり、消費者の個人情報への意識、企業のデータ活用度合いも変化している。そこで、2020年6月、個人の権利利益保護の強化などを目的として、令和2年改正法が成立、2022年4月に改正法が施行された。

 改正の主なポイントは、の通り。個人情報を抱える企業の責任が増す一方で、利活用を促すための法整備がされた形だ。

 法令順守のための対応が進んだ一方、改正法のもうひとつの狙いであるデータの利活用について、「今のところ、法改正は後押しになってはいない」と専門家は口を揃える。

 多くのデータを蓄積、活用できるコールセンターにとって、いかにデータを利活用するかは、存在意義にも直結する課題だ。とくにBPOベンダーにとっては、新たなビジネスモデルの構築も可能になる。今後の動向に注目だ。

図 令和2年改正法の概要(個人情報保護委員会「令和2年改正個人情報保護法について(令和4年3月)」から抜粋)

図 令和2年改正法の概要

※画像をクリックして拡大できます

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2022年07月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入