2021年6月号 <DATA FILE/今月の就業データ>

DATA FILE

就業形態/エリア別有効求人推移──厚生労働省

有効求人倍率推移(季節調整値)

 2021年3月の有効求人倍率(季節調整値)は、1.1倍と前月から0.01ポイント増えた。この3カ月間は変動が小さいが、企業からの新規求人は引き続き減少している。

有効求人倍率推移(季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

 コールセンターの集積地別に見ると、北海道と沖縄県は1倍を割り込み、とくに沖縄県は0.69倍と全国で最も低い。観光業の打撃がそのまま反映されているようだ。

コールセンター集積地の有効求人倍率推移(パート含む、季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます

全国およびコールセンター集積地の新規求人倍率(季節調整値)

 新規求人倍率(季節調整値)は、全国平均1.99倍と前月を0.11ポイント上回った。都道府県別(センター集積地)でもほぼ全エリアで上昇傾向にある。

全国およびコールセンター集積地の新規求人倍率(季節調整値)

※画像をクリックして拡大できます

2024年01月31日 18時11分 公開

2021年05月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(P&Wソリューションズ)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入