ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2021/06/14

「あふれ呼」による機会損失をなくすWithコロナ時代の最新IVR活用術

NTTテクノクロス / VoiceMall
詳細を見る
コロナ禍でコンタクトセンターが直面している課題を解決するための方法として、
 最新のIVR活用術をご紹介する資料。

 ■以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様にオススメ
  ・待ち呼・あふれ呼の増加による顧客満足度低下を防ぎたい
  ・放棄呼の増加による機会損失を防ぎたい
  ・在宅コンタクトセンターの業務を効率化したい


※ホワイトペーパー提供会社:NTTテクノクロス株式会社
■他のホワイトペーパー
解説レポート ニューノーマル時代の在宅コンタクトセンターオペレーション
解説レポート コールセンターの応対品質を高める2つのポイントとは?
解説レポート 音声認識技術でコールセンター業務の課題を解決!具体的な事例からの考察と導入ポイント

「あふれ呼」による機会損失をなくす
Withコロナ時代の最新IVR活用術

VoiceMall

NTTテクノクロス

WP表紙

はじめに

 新型コロナウイルスが流行している現在、コンタクトセンターの在宅化が加速しています。

 感染拡大防止策として、各社でさまざまな対策が取られていますが、その影響で「コンタクトセンターに電話が繋がりにくい状態が続いている・・・」とお困りの企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そのような状態が継続していくと「機会損失」「顧客満足度の低下」「業務効率の低下」など企業のデメリットに繋がりかねません。

 本資料ではコロナ禍におけるコンタクトセンターの状況と課題を考察します。

 また、その課題を解決するための方法として、高機能IVRとSalesforceを連携したコールバック予約システムを活用事例とあわせてご紹介します。

目次

1. コロナ禍によりコンタクトセンターでは何が起きたのか?
2. コンタクトセンターが直面している3つの課題
3. 「あふれ呼」に対応しながら、対応品質を上げるには?
4. 高機能IVR×Salesforceで実現するWithコロナ時代のコンタクトセンター

続きはホワイトペーパーをご覧下さい





 

トレンド・ガイド