IT

ウィルオブ・ワーク、BPOセンター運営にクラウド型勤怠管理ツール「oplus」を導入

BPOサービスを展開するウィルオブ・ワーク(東京都新宿区、村上秀夫代表取締役社長)は2023年5月、自社BPO事業の運営効率化に向け、Oplus(東京都渋谷区、杉原和樹代表取締役)が開発・提供するクラウド型シフト・勤怠管理ツール「oplus」を導入した。

「oplus」は、シフト作成や勤怠管理を行うクラウド型サービスで、コールセンターなどの各種サービス業において広く運用されている。同サービスでは、自動シフト作成、打刻・勤怠管理のほか、提出できるシフト表の形式をカスタマイズ可能。

ウィルオブ・ワークでは、SV業務においてオペレータの採用・育成・勤怠管理から業務設計、品質管理など多岐にわたり、稼働する4拠点すべてのコールセンターにおいて、SVの残業時間が非常に多い点が課題となっていた。シフト作成においては、総勢350名の勤怠管理が求められ、なおかつアナログな作業であるため、相当の管理工数を要していた。

導入以前はセンターごとにオペレータのシフトを管理していたが、oplus導入後はシフト管理体制を全4拠点で標準化。oplusの選定ポイントとして、搭載されている自動シフト作成機能により、シフトの作成時間を削減できるほか、案件単位でシフトや原価金額を確認でき、さらに利用上の不明点をチャットで支援してもらえる点を評価した。

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年05月18日 09時48分 更新