IT

OKIソフトウェア、センター業務のDX化推進へアドバンスト・メディアと連携

OKIソフトウェア(埼玉県蕨市、田中信一代表取締役社長執行役員)は2022年11月、アドバンスト・メディア(東京都豊島区、鈴木清幸代表取締役会長兼社長)との販売パートナー契約を締結した。これに伴い、同社が開発したコンタクトセンター向けクラウドCRMソリューション「enjoy.CRM Ⅲ」を、アドバンスト・メディアが提供するコンタクトセンター向けAI音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite」とシステム連携することを発表した。

enjoy.CRM Ⅲは、新バージョンからAIによる音声認識と連携したFAQ自動検索などの機能を追加。コンタクトセンターの応対業務の効率化と応対品質の向上などを実現する。また今回の販売パートナー契約締結により、CTIからCRMまでシステム構築できるOKIソフトウェアのリソースを活かして、ワンストップで企業のコンタクトセンター業務のDX化を支援する。



今回のシステム連携により、オペレータ・顧客の通話内容のリアルタイムによる全文テキスト化が可能となった。さらに、enjoy.CRM Ⅲの検索機能と連携すれば、事前に設定したキーワードを通話中に認識すると回答案や過去の類似事例を表示でき、オペレータのスキルに依存しない正確な回答を実現する。

今回追加された機能の特徴は以下の通り。

(1) コンタクトセンターソリューションとしてワンストップで提供
販売パートナー契約の締結により、OKIソフトウェアが提供するCRMなど各種コンタクトセンター向けソリューションとAI音声認識ソリューションを組み合わせてワンストップで提供可能。

(2) 音声認識によるFAQ自動検索
「AmiVoice Communication Suite」へ事前に設定したキーワードが発話されると、自動でキーワードが表示される。表示されたキーワードを選択することで、「enjoy.CRMⅢ」に関連FAQが検索・表示される。

(3) 音声テキスト表示
「enjoy.CRMⅢ」の電話応対履歴画面から、ワンクリックで「AmiVoice Communication Suite」上にテキスト化された通話内容を表示。通話内容の確認や応対履歴のコピーが容易になる。

標準価格はオプションライセンスで、月額5000円。OKIソフトウェアはenjoy.CRMⅢと組み合わせ、今後3年間で1,000ユーザーへの販売を目指す。

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2022年11月09日 16時43分 更新

おすすめ記事

  • スーパーバナー(P&Wソリューションズ)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入