登壇者インタビュー【5年後のコンタクトセンター研究会 ストラテジー分科会】

11月9日(木)16:25~17:15 5年後のコンタクトセンター研究会 ストラテジー分科会は、「プラットフォームからチャットボットまで CX向上のためのITソリューションの選び方&使い方」と題したパネルディスカッションを行う。
モデレータを務めるISラボ 代表 渡部弘毅 氏に、本セッションのポイントを聞いた。




 Q.今回のセミナーはどのような課題をお持ちの方に聴講いただきたいですか。

渡部 CS業務を支援するITソリューションは市場に溢れかえり、どのベンダーも魅力的な提案をしてきます。そんななか、「自社のIT適用基本方針とは? ITソリューションを選定する基準は?有効活用するための使い方基準は?」と悩んでいる担当者に、先進事例の各社からヒントを持ち帰ってもらいたいと思っています。

Q.講演の見どころや注目ポイントを教えてください。

渡部 STORESと10Xは、成長市場のSaaS事業として急成長をしながらCS部門のITソリューションをどう整備、運用しているのかが聞けます。またブックオフは数多くのコンシューマに効率よくかつ高品質な対応するためのオペレーショナル面やアナリティカル面でのITソリューション導入状況が聞けます。事業特性に応じてどんな方針や基準でITソリューションを選定し運用しいくかの、勘所が分かります。

Q.聴講される方へのメッセージをお願いします。

渡部 ITソリューションは、ベンダー任せの導入、運用では決して成功しません。自らが明確なポリシーをもって自社事業にあった基本方針のもと、選定し運用することが肝要です。本セミナーのパネリストの取組み事例を参考にして、展示会に出展している各ベンダーの話を聞いてみてはいかがでしょうか。きっと新しい視点でITソリューションを評価できるに違いありません。皆様のご来場をお待ちしております。

本セミナーの申し込みはこちら
 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年11月05日 14時06分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入