IT

アドバンリンク、短納期型CRMツール「CRMstage CDP」を提供開始

CRMコンサルティング事業を展開するアドバンリンク(東京都品川区、鈴木 潤代表取締役)は2023年5月、提供中の統合CRMパッケージ「CRMstage」の短納期版パッケージ「CRMstage CDP」を提供開始した。

CRMstage CDPは、社内で蓄積された顧客データを統合・一元管理し、データ活用するためのCDP(Customer Data Platform)システムに特化。自社で運営するEC・店舗の購買履歴や顧客行動データの収集・統合・蓄積により、膨大なデータを顧客軸で整理した統合データベースを構築できる。また、顧客データを統合、出力するためのETL(バッチ処理)機能や、リアルタイムでデータ連携するためのAPI機能も搭載。データ量無制限のCRMstageに対して、CRMstage CDPでは最大顧客数30万人、最大履歴データ件数500万件など利用上限があるが、機能を絞ることで低コスト・短納期を実現している。

 


製品概要は以下の通り。
ツール名:CRMstage CDP
発売日:2023年5月18日
製品価格:月額10万円(税別)

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年05月23日 17時12分 更新

おすすめ記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入