2022年7月号 <サービスのプロに聞く>

臼井 美嘉 さん

<コーナー解説>
店舗など、コールセンター以外を含めた接客やサービスのプロにその心構えやノウハウを聞きます。

ロボットの“中の人”として交流
カフェに訪れる顧客に癒しを提供

分身ロボットカフェ DAWN
OriHimeパイロット
臼井 美嘉 さん

Profile

前職は、テーマパークのツアーガイド。家族の転勤に伴い退職。慣れない地域で2人の子供を育てるなか、いったんは接客業から離れたが、「分身ロボットカフェDAWN」に入社。ロボットの“中の人”として、接客を行っている。

 東京・日本橋のオフィスビルが立ち並ぶ一角に、緑が感じられるカフェがある。80席ほどの大きなカフェだが、店員の数は少ない。しかし、店には活気が感じられる。多くの接客ロボットがいるためだ。

 店に入るとすぐ、身長1メートルほどのロボットが「いらっしゃいませ」と話しかけてくれる。声の主は機械ではなく、人だ。「パイロット」と呼ばれる接客スタッフが、遠隔から顧客をもてなす。

 コロナ禍では、孤独のストレスにさらされる人が少なくなかった。「孤食や黙食が推奨されていた時期には、ロボットが相手なら安心して会話ができると喜んでいただくこともありました」とパイロットの1人、臼井美嘉さんは話す。カメラ越しでも、ホスピタリティを感じてもらう顧客対応は可能だ。

2024年01月31日 18時11分 公開

2022年06月20日 00時00分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)(240426画像差し替え)

●コールセンター用語集(マネジメント編)

●コールセンター用語集(ITソリューション編)

記事検索 

  • CS Media「E-Book」

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入