戦略的コンタクトセンター経営塾~次世代マネジメント手法を学ぶ~

従来型マネジメント手法からを脱却
東京
https://crm.callcenter-japan.com/cct/seminar/index.php?category=40
開催予定  
2021年11月9日(火)10時~17時
東京・サンシャインシティ文化会館
受付はこちら


講座カテゴリ    
マネジメント

対象   
コールセンター管掌役員、センター長、(顧客主義を志向する)経営企画責任者、マーケティング責任者、経理財務担当者

講座概要
応答率の維持に苦労する、応対品質がなかなか上がらない、経営に対する貢献度がアピールできないなど、コンタクトセンターの改善・改革に限界をお感じの皆さまに、あるべき姿への変革を劇的に加速する方法を速習していただきます。受講後には自社センター運営の変革に向けてのロードマップを描くことができるようになるはずです。


プログラム
セッション1 コンタクトセンターへのお客様と経営の期待
お客様の期待に応えるとはどういうことか?経営の期待にこたえるとはどういうことかを明確にします。

セッション2 “ベストサービスはノーサービス“を理解する
コンタクトセンターのあるべき姿、自社センターの将来像を描きます。

セッション3 コンタクトリーズン体系を整理する
戦略策定の基本となるコンタクトリーズン体系の適用方法を理解する

セッション4 センター運営戦略を立案する

実践応用可能な顧客応対戦略をイメージする

顧客応対のプロセス改革は、コンタクトリーズンを追求することによって可能になります。原始的な運用のセンターであってもコンタクトリーズンベースの管理メカニズムによって継続的に改善を行える近代的なセンターに脱皮することができます。
マネジメントの視点を変えるだけで結果が出ます。
センターマネジメントの悩みを楽しみに変えて下さい。



 

b_特典

「コールセンターの経営学」進呈

定員  
40名

価格
1名あたり39,600円(税込み)

講師プロフィール  


 
イー・パートナーズ
代表
谷口 修


Amazon.co.jp初代カスタマーサービス・ディレクター。卓越した商品やサービスを提供する会社には顧客からの問い合わせ・不満や苦情のコンタクトがない、という「ベストサービスはノーサービス」コンセプトを標榜したコールセンター運営を提唱している。Amazonで実証されたデジタルマーケティングをも包含した顧客目線のサービスプロセス構築による顧客ロイヤルティ強化の方法論を展開する。 ICMI認定講師 「戦略的顧客応対理論と実践」2008年刊 「戦略的コールセンターのすすめ」2014年刊 「コールセンターの経営学」2015年刊