登壇者インタビュー【HDIジャパン 山下辰巳氏】

11月10日(金)11:40~12:30 「「問い合わせ窓口格付け調査」から検証する
生成AI・デジタル時代のカスタマーサポート」と題した講演を行う。
講師を務めるHDIジャパン 代表 山下辰巳 氏に、本講演のポイントを聞いた。




 Q.今回のセミナーはどのような課題をお持ちの方に聴講いただきたいですか。

山下 セルフサービス利用を飛躍的に高め、サポートセンターの業務をクリエイティブな仕事に変えたいと思う方。AI、ChatGPTなどの、DX化を効果的に進めたい方。顧客満足を高めカスタマサービスを企業ビジネスに貢献させたいと思う方、HDI格付けで高評価を得るポイントを知りたい方などが主な対象です。

Q.講演の見どころや注目ポイントを教えてください。

山下 今話題の生成AIやChatGPTなどが、カスタマサポートで具体的な成功事例がほとんど見られないのはなぜでしょう。それは日本の取り組みが企業視点に偏っていて顧客視点が抜け落ちているからです。これは世界でDXがどのようにサポート利用されているかからもわかります。また、HDI格付けからも顧客が今求めていることは何かがわかります。

Q.聴講される方へのメッセージをお願いします。

山下 パンデミックを経て大きな変化がありました。企業はサポートコストを低減させ利益拡大を考えます。顧客はWi-Fiやスマホの普及をベースにより利用しやすい製品やサービスを求めています。この両者の視点は、統合されてこそ初めてそれぞれに付加価値をもたらすものです。HDI格付け結果からこの付加価値創造の糸口を見つけてください。

本セミナーの申し込みはこちら
 

2024年01月31日 18時11分 公開

2023年11月05日 13時57分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(リンク2)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入