AWS、コンタクトセンター構築体験セミナーを開催

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、1月28日、「たった半日で概要の理解からAI適用のコンタクトセンター構築体験まで網羅」という副題で、『Amazon Connectで始める コンタクトセンター構築体験セミナー』を都内で開催した。



 第一部では、アマゾン ウェブ サービス ジャパン 事業開発本部 プラットフォーム事業開発部 事業開発マネージャーでAmazon Connect担当の羽富 健次 氏より、コンタクトセンターのあるべき姿と「Amazon Connect」概要について講演があった。Amazon Connectサービスについては、AI連携を始め、新機能やロードマップについて言及。音声合成やチャットボット、音声テキスト変換、機械翻訳など連携するAIサービス活用により、カスタマーサービス向上やオペレータの業務効率化などを図ることができると訴求した。

 続いて事例講演として、プラス ジョインテックスカンパニー デジタルイノベーション推進部 副部長の山口 善生 氏による講演が行われた。BCP対策や業務改善を考慮して、変化するカスタマーサービスの環境に対応するため、開発スピードと拡張性に関して優位性のあるAmazon Connectの採用につながったと説明。Amazon Workspacesを利用した仮想コンタクトセンターなどについての解説があった。

 第二部では、実習として受講者が各自持参のPCやデバイスからオンラインでAmazon Connectに接続。操作やサービスツールについて、実際の環境からコンタクトセンター構築の体感した。今後、コンタクトセンターの構築を検討するユーザー企業を対象に、引き続きこのような内容のセミナーを開催する予定だ。