TACT、行政向けのAI自動応答サービスを提供開始

USEN-NEXT GROUPのTACT(東京都品川区、溝辺和広代表取締役社長)は、主に政府や地方公共団体向けに提供されている総合行政ネットワーク(Local Government Wide Area Network、以下:LGWAN)に対応したAI自動応答サービス『AIコンシェルジュfor LGWAN』の申込受付を、10月28日より開始した。

同サービスでは、「LGWAN」内にシステムを有しており、高セキュアでかつ行政担当者の普段利用している環境から簡易に電話の自動応答を設定できる機能を標準搭載している。

たとえばワクチン予約のケースでは、住民から問い合わせがあった場合、自動応答が始まり、音声認識による文字化技術やTACT独自の自然言語処理を用いて、氏名や希望の健診内容をヒアリング。行政担当者は予め予約可能日を専用の画面から設定することで、AIが空きを確認しながら、住民の希望に沿った健康診断やワクチン接種などの予約を自動受付できる。

アウトバウンドでも活用可能。接続した後、音声認識技術を用いて、住民からの確認や希望を受け付けられる。また、水道などの料金未納時の場合は停止の連絡も自動で行うことができる。

 

2024年01月31日 18時11分 公開

2021年11月26日 14時58分 更新

その他の新着記事

  • スーパーバナー(P&Wソリューションズ)

購読のご案内

月刊コールセンタージャパン

定期購読お申込み バックナンバー購入