2019年9月号 <センター探訪>

センター探訪

1人あたりのスペースが広い執務エリア

テレビ会議でミーティング

テレビ会議でミーティング

サイボウズ

創業の地に立地するサポート拠点
「働き方改革」の前線に立つ!

 愛媛県松山市の中心、「大街道商店街」に隣接するのが、サイボウズの松山オフィスだ。

 松山市は、同社創立の地でもある。メイン業務はカスタマーサポートだが、市民向けのさまざまなイベントやセミナーも開催している。「サイボウズ Office」や「メールワイズ」、「kintone(キントーン)」といった同社のサービスを体験できる機会も提供する。カスタマー本部 ローカルブランディング部の久保正明氏は、「最長6年間の育児休暇やリモートワークなど、多様な働き方を支援するさまざまな制度を用意しています」と“働きやすい職場作り”を強調する。

 カスタマーセンターの職務スペースは、写真のように仕切りのないオープンタイプの広々としたデスクが並んでいる。技術的な問い合わせが多いので参照すべき資料も多数あるが、ほぼペーパーレス環境でどのデスクも綺麗に整頓されている。

 一方、来訪者を迎え入れるスペースはカフェ風の仕立てとなっており、キッチンスペースもある。イベント開催時は、地元の飲食店に出張調理に来てもらうこともあるという。このスペースには“小上がり”風のフローリングスペースも用意されており、スタッフもリラックスしてミーティングができる。

 サイボウズの拠点は、東京・大阪・上海・ベトナム・札幌・沖縄など国内外、さまざまな場所にある。それぞれの拠点とはテレビ会議で連携しており、いつでもミーティングが可能だ。

 全体的に明るく、かつ木目を活かした落ち着いた色調で統一された松山オフィス。大型センターが立地され、人材事情は厳しくなりつつあるが、“創立の地”として確立されたブランド力と居心地のよい環境は大きな武器となりそうだ。

カフェ風の造りとなっているエントランス・スペース。キッチンまで用意

カフェ風の造りとなっているエントランス・スペース。キッチンまで用意

カフェ風の造りとなっているエントランス・スペース。キッチンまで用意

リラックスモードでミーティング

リラックスモードでミーティング