音声認識 / 音声系システムの充実 / VOC活用

更新日:2017/06/20

VR-TR780(2017年秋発売予定)

タカコム
詳細を見る
対象ユーザー 小規模から大規模コールセンター、金融、一般企業
対象規模 小~大規模
製品形態 オンプレミス型
価格情報 個別見積り
製品概要 タカコムは、通話録音装置の専業メーカーとして独自の企画・開発力を活かした通話録音ソリューションを提供。業種を問わず幅広いユーザーからの信頼を獲得している。さらなる通話録音の活用に向け、音声認識機能を標準搭載した通話録音装置「VR-TR780」の開発を進めている(2017年秋発売予定)。高精度の音声認識の導入を低コストで実現し、音声ビックデータの可視化・分析の基盤を提供する。
 
  • 製品紹介

通話録音の音声データを全文テキスト化
「通話録音」+「音声認識」のハイブリッドシステム

通話録音装置 VR-TR780(今秋発売予定)

タカコム

通話録音専業ベンダーのタカコムは、新たな通話録音ソリューションとして、音声認識機能を標準搭載した通話録音装置の開発を進めている。高精度の音声認識の導入を低コストで実現し、音声ビックデータの可視化・分析の基盤を提供する。

低コストで「音声認識」を導入

 通話録音の音声データは、「音声認識」などの解析システムにより業務効率化やVOC活用など様々な目的に活用できる一方、コスト面でのハードルが高い。

 タカコムは、音声認識システムの導入に二の足を踏んでいるユーザーにもシステムの利用を勧めるべく、通話録音装置に音声認識機能を標準搭載し、低コストで導入できる新モデル「VR-TR780」の開発を進めている(今秋発売予定)。

 音声認識エンジンは、ニュアンス・コミュニケーションズ社の「Nuance Transcription Engine」を採用。タカコムの高品質な通話録音、検索・再生機能に加え、高精度の音声認識機能を搭載することで、「音声データ」と「テキストデータ」どちらにもアクセスでき、コールセンターに蓄積される音声の分析・活用を強力に推進する。

 また、記録された通話の管理がますます厳格化される中、同社の製品はハードウェア一体型で堅牢性・信頼性に優れており、ミッションクリティカルな分野での活用も期待できる。日本国内で開発・製造を行っている国産ベンダーとしての高いサポート力も、同社の強みの一つだ。

システムイメージ図

システムイメージ図

通話のテキスト検索・可視化

 コールセンターには必須といえる通話録音にテキスト化を一体導入することで、これまで眠っていた膨大な情報を容易に利活用できるようになる。

 同システムにより、録音された音声データは全て自動でテキスト化される。「応対結果の入力業務軽減」「キーワード検索による効率化」「顧客の要望・クレームの抽出」など用途は幅広い。通話録音のデータが、価値ある情報として、コールセンター業務の負担軽減から、商品・サービス向上、企業戦略策定などを効果的にサポートする。

外部システムとの連携

 AIやCTI/CRMシステム、テキストマイニングなどの外部システムとの連携も可能だ。

 顧客応対管理や対話ナレッジ、VOC活用に対して通話記録の利活用・分析などを自動化。ビックデータ解析の可能性が格段に広がる。

アライアンスパートナープログラム

 タカコムは、AIやCTI/CRMベンダーなど、70社以上の企業との連携実績を積み重ねている。これからも積極的にアライアンスを進め、アライアンス企業への技術情報提供や開発支援を行う中で、新たな通話録音ソリューションの提供やビジネスチャンス創出を推進していく。

お問い合わせ先

株式会社タカコム
営業本部 東京支店
TEL:03-5651-2281
E-mail:support@takacom.co.jp
URL:http://www.takacom.co.jp

お問合せ・資料請求