2017年4月号 <センター探訪>

センター探訪

明るく開放的なセンター内

第一期の新卒社員の松田優衣さん(左)と花輪陽子さん

第一期の新卒社員の松田優衣さん(左)と花輪陽子さん

センター探訪

蔵王連山が一望できる

KDDIエボルバ

胃袋つかんでESを高める?!
名店総料理長が手がける魅惑のメニュー

 KDDIエボルバのコールセンター「やまがたワークプレイス」は山形市のみはらしの丘にある。ホテルのラウンジをイメージさせる2階の休憩スペースからは、壮大な蔵王連山の景観を一望できる。2014年に第一期の新卒社員として入社した松田優衣さんは「言葉遣いや喋り方から丁寧に教えてもらえました。うまくできないときがあっても、このラウンジに来ると気分転換になります」と話す。

 カフェテリア(食堂)のコンセプトは、落ち着きのあるおしゃれなカフェ。色使いを最小限に抑え、木を多く取り入れることで、癒やしの空間を演出している。

 カフェテリアの中心にある長いテーブルは高級木材として知られる金山杉。これだけ大きなダイニングテーブルは珍しいという。「内部のつながりを強化する、というコンセプトで食堂の中心に大きなテーブルを配置しました。入社前の会社説明会後には、ここで就業メンバーとの交流も行います」(運用1本部 山形センター運用1G グループリーダー 野口亮氏)

 特徴的なのは食堂のメニューだ。人気なのが、京橋ドン・ピエールの総料理長監修の「欧風ビーフカレー」だ。この他、クリスマスやハロウィンは特別メニューが並ぶ。昨年のクリスマスのメニューは、ビーフシチュー、渡りカニのクリームパスタ、ドン・ピエールカレー、そしてチキンレッグのローストだ。これらを400円前後の価格で食べることができる。サラダバーでは、敷地内のハウスで生産しているベビーリーフなどの新鮮な野菜を提供している。

 オペレータの花輪陽子さんは、「黒をベースとした執務スペースに対して、カフェテリアは明るく開放的なのでオン/オフが切り替えやすいです。手作りのパンは買って帰るほど美味しいです」と話す。

 就業時に癒やしのひとときとなるカフェテリア、休憩室はオペレータのESに大きく影響している。

センター探訪

センター探訪

クリスマス限定の特製メニューはチキンレッグ、京橋ドン・ピエールの総料理長である鈴木正幸シェフ監修のカレーなど

センター探訪

買って帰るオペレータが少なくないという焼きたてパン