SPJ、AIによるCRMを開発

SPJ(東京都千代田区、江口 天 代表取締役)は、独自の高精度AI(自然言語処理、ビッグデータ解析)技術を活用した、CRMログ、コールセンター・ログのデータ・クレンジング・システムを開発した。

同システムは、CRMのログ(電話、メール、チャットなどによる顧客との送受信記録)やコンタクトセンターのコールログなどの、生データをインプットとし、ユーザーからの質問・問い合わせ文章を高精度で自動抽出できる。また、抽出された質問文の重要度を独自のアルゴリズムで自動判定することにより、ユーザーに有用な質問・問い合わせのみのフィルタリングが可能。

長年運用していたり、大規模なコールセンターでは、膨大なログが蓄積されているため、FAQやチャットボットを整備する際に同システムを活用すると大幅な工数、予算削減を見込める。チャットボットに関しては、会話ログから重要度が高いと判定した質問・問い合わせを抽出し、ナレッジベースに無かった回答を自動生成することによる学習の効率化やデータ分析に利用できる。