ホワイトペーパー

ケーススタディやキーレポートなど、製品/ソリューション“さがし”の際にご参考いただける情報をまとめたホワイトペーパーをダウンロードできます

ホワイトペーパー

24件中[1-5]件を表示次へ

音声認識 / ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/04/01

音声認識技術でコールセンター業務の課題を解決!具体的な事例からの考察と導入ポイント

NTTテクノクロス / ForeSight Voice Mining
詳細を見る
コールセンター向け音声認識の活用方法、成功事例・失敗事例、導入ポイント等を紹介した資料。
 これまで数多くのコールセンターに音声認識を導入してきたNTTテクノクロスの経験を踏まえて、音声認識を考察する。
 音声認識の導入検討を始めた方、既に導入している音声認識を活用する方法を調査している方に最適な資料である。

 ■本ホワイトペーパーで得られる情報
 ・コールセンター業界で音声認識が求められている背景
 ・音声認識の具体的な活用方法
 ・音声認識導入の成功事例・失敗事例
 ・音声認識導入時に気を付けるべきポイント

※ホワイトペーパー提供会社:NTTテクノクロス株式会社
 

音声認識技術でコールセンター業務の課題を解決!
具体的な事例からの考察と導入ポイント

ForeSight Voice Mining

NTTテクノクロス

WP表紙

はじめに

 昨今、コールセンター業界では音声認識が注目されています。

 注目されている背景には、コールセンターで抱える「オペレーターの離職」「スーパーバイザー/マネージャー業務の適正化」「VOC(お客様の声)分析」等の課題があります。

 音声認識はそれらの課題解決を支援できるツールですが、正しく活用・運用できなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

 本ホワイトペーパーでは、これまでさまざまなコールセンターに音声認識を導入してきたNTTテクノクロスの経験を交えて、音声認識に関する考察と導入ポイントをご紹介します。

 音声認識導入を調査・検討される際に、是非ご活用ください。

こんなお悩みを抱えているご担当者様にオススメ

音声認識の具体的な活用方法を知りたい
音声認識の導入事例(成功事例・失敗事例)を知りたい
音声認識導入時に気を付けるポイントを知りたい

目次

1. コールセンター業務の最近の動向
2. コールセンターが抱える大きな課題
3. コールセンターの課題解決に向けて
4. オペレーターのモチベーションを上げ、育成に成功した事例
5. 音声認識導入の失敗事例と成功事例
6. 導入時に気をつけるポイント
7. まとめ

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

音声認識 / ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/03/16

はじめての音声認識――導入前に押さえておきたい5つのポイント

岩崎通信機
詳細を見る
オペレータ支援や音声の活用ツールとして普及の進む音声認識。センターでの活用事例が喧伝されることで、「導入すれば効率化されそう」な気にもなってくる。しかし、市場が拡大し、サービスや選択肢が増えている今こそ、自社に最適な音声認識を見極める力が求められる。
本資料では、


 ●これから音声認識についての情報収集を始める方
 ●自社の導入目的に適した製品・サービスを探している方

向けに、押さえておきたい項目を5つのポイントとしてまとめた。
ポイントを押さえた上で情報収集や製品比較することで、同一の軸で情報が集まり、自社に最適な音声認識選びに役立つはずだ。

※ホワイトぺ―パー提供会社: 岩崎通信機株式会社
 

はじめての音声認識
──導入前に押さえておきたい5つのポイント

オペレータ支援や音声の活用ツールとして普及の進む音声認識。月刊コールセンタージャパン 2020年3月号の 「CRM ITソリューション総覧2020-前編」特集には音声認識カテゴリで32社54の製品・サービスが掲載されている。これは、2017年の同特集と比べて倍近い数字だ(2017年は17社32製品・サービス)。市場が拡大し、サービスや選択肢が増えている今こそ、自社に最適な音声認識を見極める力が求められる。

本資料では、

 これから音声認識についての情報収集を始める方
 自社の導入目的に適した製品・サービスを探している方

向けに、押さえておきたい項目を5つのポイントとしてまとめた。

(1)一番最初に考えるべきこと
(2)導入目的を明確にするには
(3)予算化に向けて(オンプレミス・クラウドの違い)
(4)POC(導入トライアル)やチューニングで確認したいこと
(5)導入までの流れ

について記載している。

音声認識の導入には、目的を明確にすることが必要だ。目的が無い導入は、「認識精度が100%ではない」ということだけに目がいき、導入・活用が進まない。目的を明確にするために、音声認識利用による期待効果を整理することも、効果的な手法である。目的や期待効果から必要な仕組みや処理方法を検討してみたい。

導入目的確認のチェックシート

導入目的確認のチェックシート

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/03/11

ITマネージャー用ガイド:コールセンターテクノロジー移行戦略書

ジェネシス・ジャパン
詳細を見る
コールセンターの機能拡張に伴い、新しいアプリケーションへの移行は手間のかかる作業となる。計画実行のために内部スタッフをアサインすることから始め、移行に向けたチェックリストの作成など、ステップを踏んで進める必要がある。本ホワイトペーパーでは、ITマネージャーがクラウドコンタクトセンターの運用を成功に導くための移行、導入のステップを分かりやすく解説する。

※ホワイトペーパー提供会社:ジェネシス・ジャパン株式会社
 

ITマネージャー用ガイド

コールセンターテクノロジー移行戦略書
確実に次のステップへ

WP表紙

 特に複数の機能を一つに統合する新しいアプリケーションへ移行することは、大変な作業を伴います。しかし、プロセスを把握し、ちょっとした計画を立てることで、さほど大変な作業ではなくなります。この戦略書は、クラウドコンタクトセンターの成功に向け特定すべき人物と完了すべきタスクの実行リストを提供するものです。

 以下のステップを踏み、コンタクトセンター・テクノロジーの移行、導入に向けた社内プロジェクトチームの編成、準備状況の診断、主な意思決定を行います。

移行のステップ

ステップ1:内部プロジェクトチームの編成
ステップ2:ネットワーク準備状況の監査を実施
ステップ3:導入アプローチの決定
ステップ4:サービスインに向けた準備
ステップ5:Genesysとの連携

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/01/23

AIでカスタマー満足度、セールス、 ワークフォースへの取り組みを改善

ジェネシス・ジャパン
詳細を見る
AI導入は、ビジネスに競争力をもたらすために実施できる最も重要な対策の1つだ。多くの企業がカスタマーサービスのプロセスにAIを採用しているが、その価値は企業全体にまで及ぶ。GenesysのAIは製品ポートフォリオすべての領域に組み込まれている。ユーザー企業にとっては、自社の情報、プロセス、インサイト、トレンドを自動化し、チームの力でそれを組み合わせることで、最大限の成果を発揮することができる。本書では、Genesysソリューションについて、差別化ポイントやユーザー企業のソリューション事例を紹介する。

※ホワイトペーパー提供会社:ジェネシス・ジャパン株式会社
 

AIでカスタマー満足度、セールス、ワークフォース
への取り組みを改善

AI導入は、現在そして長期的なスパンでビジネスに競争力をもたらすために実施できる最も重要な対策の1つです。

WP表紙

多くの企業がカスタマーサービスのやり取りの中でAIを採用していますが、その価値は企業全体にまで及びます。GenesysでAIをさらに進化させましょう。AIは弊社ポートフォリオすべての領域に組み込まれています。自分たちの情報、プロセス、インサイト、トレンドを自動化し、チーム(人的資源)の力でそれを組み合わせ、最大限の成果を出しましょう。

Genesysでこのような主要分野にインパクトを与えましょう。
ボットでカスタマー満足度を向上
予測的エンゲージメントによるセールスの拡大
自動化を駆使し労働力への取り組みを改善

本書では、Genesysソリューションがどのように他のソリューションと異なるのか、また弊社のお客さまが成果を挙げるためにいかにソリューションを活用したかを説明します。

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/01/10

デジタルを活用した販売拡大の推進

ジェネシス・ジャパン
詳細を見る
デジタル市場は目まぐるしく変化している。製品やサービスの存在を知ってもらうこと、常に周知された存在であることは容易ではない。市場に身を置くだけで、同じような製品を持つものすべてと競争していることになる。周知されるには、クリエイティブで、目立つ存在であり、魅力的かつ有名でなければならない。そして存在を知られるや否や、今度は見込客が納得して自分たちを選ぶよう、あらゆる手を尽くす必要がある。本ホワイトペーパーでは、販売、マーケティング戦略のデジタルシフト、コンバージョン率向上のリアルタイムエンゲージメントなど、Webを活用した販売拡大についての手法を紹介する。

※ホワイトペーパー提供会社:ジェネシス・ジャパン株式会社
 

デジタルを活用した販売拡大の推進
─コールセンターの現場におけるデジタルマーケティングとの融合とその具体的な方法について

人工知能(AI)や機械学習の力やリアルタイムの洞察を活用し、チャット、コンテンツオファー、電子メール、モバイルなど最適なチャネルやタイミングで積極的に予測を行うことで、Webのコンバージョン率を上げ、売上高をより拡大することができます。

本書のコンテンツ

第1章:デジタルワールドにおけるリード管理
第2章:リアルタイムエンゲージメントと自動化によるコンバージョン率の向上
第3章:実世界におけるAIと予測分析

WP表紙

 インターネットは、これまでビジネスルールを塗り替えてきました。デジタルセールスはこの革命の中心となり、その統計値は驚くべき数字を示しています。InsideSales.com によると35%-50%の売り上げは最初に対応するベンダーが占めています。しかし、24時間年中無休のデジタル市場を支えるセールスチームへスタッフを配属することは容易なことではありません。たった今まで自分たちの製品をオンラインで見ていた客は3人だったのが、次の瞬間には2百人、いや数千人に増えています。

 Webサイトは、ある目的のもとに構築されています。それは製品を販売すること、サービスの利用登録を可能にすること、サポートを提供することです。別のことに気を取られたり、サイト上で迷子になったりしているユーザーを正しく誘導することは、収益の増加、好意的なデジタルブランド体験へとつながります。 セールスで成功するには、製品やサービス以上のものを売る必要があります。つまり、カスタマーが購買に至るまでの経路(カスタマージャーニー)を形作り、どのタイミングでカスタマーにリアルタイムで対応するかを把握する必要があります。

本書では、以下の情報を得ることができます。
・販売、マーケティング戦略をシフトし、新しいデジタル市場へと適応させる方法
・コンバージョン率を向上するためのリアルタイムエンゲージメントと自動化の活用方法
・収益を拡大し、カート離脱率を下げる新しいテクノロジーを活用している企業からのヒント

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

24件中[1-5]件を表示次へ

ダウンロードランキング

ただいま準備中です

トレンド・ガイド