ホワイトペーパー

ケーススタディやキーレポートなど、製品/ソリューション“さがし”の際にご参考いただける情報をまとめたホワイトペーパーをダウンロードできます

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー / 解説レポート / 活用パターン

更新日:2018/06/29

「コールセンターシステムの活用パターン――効果的な活用パターンが盛りだくさん!」

リンク / BIZTEL(ビズテル)
詳細を見る
クラウド型のIP-PBX/コールセンターシステムならではの活用パターンを幅広く解説。導入によって“どういった活用ができて”“どういった効果が見込めるのか”を理解することができる資料である。 コールセンターシステムの自社に適した活用方法を検討できるようまとめた資料。
■本ホワイトペーパーの特徴
  ・コールセンターシステム導入後の活用イメージをつかむことができる
  ・コールセンターシステムを導入して業務がどのように変わるのか知ることができる

※ホワイトぺ―パー提供会社: 株式会社リンク
 
■リンクが提供する他のホワイトペーパー
チェックリスト 「コールセンターシステムの選び方――必要な要件がスムーズにまとまる」
比較表 「クラウド型コールセンターシステムを徹底比較!――主要システムの比較表付き!」

コールセンターシステムの活用パターン

はじめに

コールセンターシステムにはコールセンター業務を支援するさまざまなメリットや機能があります。ビジネスフォンからコールセンターシステムに移行することで顧客応対や情報連携などコールセンター業務が大きく変わるでしょう。しかし、実際に導入してみないと業務でコールセンターシステムを活用するイメージをつかむのが難しいかもしれません。

・コールセンターシステム導入後の活用イメージをつかみたい
・コールセンターシステムを導入して業務がどのように変わるのか知りたい
・自社に適したコールセンターシステムの活用方法を知りたい

といったお悩みを抱えてはいないでしょうか?

本ホワイトペーパーは、コールセンターシステムの活用パターンを解説し、自社に適した活用方法を検討できるように構成されています。コールセンターシステム導入にお悩みの際は、ぜひ本ホワイトペーパーをご活用ください。

従来のコールセンターシステムは、PBXなどのハードウェアの購入や開発コストが高く、システム導入の障壁となっていました。しかし現在は、クラウド型コールセンターシステムの登場により、低コストかつ短期間でシステムが導入できるようになっています。クラウド型は席数や利用期間に応じて課金されるため、少ない席数からのスモールスタートも可能です。

少しの投資で業務効率を大きく改善できる「コールセンターシステム」の導入をぜひご検討ください。

目 次

1. コールセンターシステム活用の背景
2. コールセンターシステムの活用パターン
 ・リスクを最小化!スモールスタートでコールセンターを立ち上げ!
 ・問い合わせの振り分けやCRM連携で多拠点分散センターを実現!
 ・問い合わせ状況を分析して店舗予約の効率化を実現!
 ・顧客の声を製品やサービスの改善に活用!

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

AI(人工知能) / ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2021/02/19

商談化率を上げる電話営業のコツ 話し方、進め方とチェック方法

RevComm / MiiTel
詳細を見る
商談化率を上げるための電話営業について、その話し方や進め方、チェック方法など、優秀な電話営業社員が実際に使っているコツを集約。
・そもそもなぜ電話営業はなぜ難しいのか?
・話し方や、進め方で気を付けるポイントとは?
・実践でコツを活かせているか、チェックする方法
今スグに電話営業に活かせる内容だけを厳選。アポ獲得率、商談化率、成約率の向上におすすめ。

※ホワイトペーパー提供会社:株式会社RevComm
 

商談化率を上げる電話営業のコツ
話し方、進め方とチェック方法

WP表紙

はじめに

 電話営業を難しくしているのは、以下のような特徴である。

・対面営業とは異なり顔が見えないため、お客様からすると気軽に断りやすい。
・短時間でお客様の状況をヒアリングし、次の商談に繋げなければならない。
・短時間でお客様の課題を整理したうえで、商品に対して価値を感じてもらえるか提案をしなければならず、ヒアリング力や提案力が問われる。

 本ホワイトペーパーでは、このような難点を乗り越えて、商談化につなげるための、コツとチェック方法を解説している。

目次

・はじめに
・話し方のコツ
・進め方のコツ
・話し方のコツのチェック方法
・MiiTelとは?

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート / チェックリスト

更新日:2018/01/11

コールセンターシステムの選び方
――必要な要件がスムーズにまとまる

リンク / BIZTEL(ビズテル)
詳細を見る
チェックリストを埋めるだけで、コールセンターシステムの選定に必要な要件をスムーズにまとめることができる資料。これからコールセンターシステムを導入し、カスタマーサポート部門の業務効率アップを進める方はもちろん、利用中システムのリプレース時に課題の再整理を行いたい方にも最適な資料である。
選定作業はとても負荷が高い作業のため、選定者の選定負荷を軽減できる構成となっている。
■本ホワイトペーパーの特徴
・コールセンターシステム選定の流れを知ることができる
・ステップに沿って自社要件を整理することができる

※ホワイトぺ―パー提供会社: 株式会社リンク
 
■リンクが提供する他のホワイトペーパー
比較表  「クラウド型コールセンターシステムを徹底比較! ――主要システムの比較表付き!」
活用パターン  「コールセンターシステムの活用パターン――効果的な活用パターンが盛りだくさん!」

コールセンターシステムの選び方

はじめに

商品のお問い合わせや相談、サポートのために電話窓口を設置することは顧客満足度の向上につながります。しかし、単に設置しただけでは顧客に質の高い対応を提供することはできません。応対や後処理に時間がかかったりするだけでなく、次第に顧客の声を活用できていないといった問題が表面化してきます。コールセンターシステムを導入すれば、これらの問題を効率良く解決することができるようになります。

しかし、いざ導入しようとしてもシステム選定は難しいものです。コールセンターシステムにはさまざまな種類があり、自社に適したシステムを選ぶのはとても大変な作業です。

・コールセンターシステムを選定する際に何を決める必要があるのか知りたい
・コールセンターシステムを選定する際に必要な要件をスムーズにまとめたい
・自社にあったコールセンターシステムを選びたい

といったお悩みを抱えてはいませんか?

本ホワイトペーパーは、チェックリストを埋めるだけで、短時間で効率良くシステム選定の要件をまとめられるように構成しています。コールセンターシステム選定の際は、ぜひ本ホワイトペーパーをご活用ください。

従来のコールセンターシステムは、PBXなどのハードウェアの購入や開発コストが高く、システム導入の障壁となっていました。しかし現在は、クラウド型コールセンターシステムの登場により、低コストかつ短期間でシステムが導入できるようになっています。クラウド型は席数や利用期間に応じて課金されるため、少ない席数からのスモールスタートも可能です。

少しの投資で業務効率を大きく改善できる「コールセンターシステム」の導入をぜひご検討ください。

目 次

1. コールセンターシステムとは
2. システム選定フローを把握しよう!
3. 業務要件を決めよう!
4. システム要件を決めよう!
5. サポート要件を決めよう!

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2020/12/01

デジタルデータ活用による顧客体験の推定とギャップ

プラスアルファ・コンサルティング
詳細を見る
プラスアルファ・コンサルティングは「顧客体験フィードバック」による企業創造力の強化を提唱する。企業が消費者に届けようとしている顧客体験価値と実際の顧客体験にはギャップがあるとし、そのギャップ把握により顧客体験を見える化することが重要と考える。その情報を社内に環流することで、企業創造力を高め、全社レベルでの情報活用を実現することが要諦だ。本ホワイトペーパーでは、「顧客体験フィードバック」の考え方と手法について解説する。

※ホワイトペーパー提供会社:株式会社プラスアルファ・コンサルティング

 
■プラスアルファ・コンサルティングが提供する他のホワイトペーパー
解説レポート サポートサイトにおける課題と対策 FAQ運用の最新トレンド

デジタルデータ活用による
顧客体験の推定とギャップ

 経営に情報発信したい、顧客の声を全社で活用したい、という企業ニーズの増加に伴い、VOC 活動も進化しています。一方で、企業が消費者に届けようとしている顧客体験価値と実際の顧客体験にはギャップがあることも実態としてあります。

 プラスアルファ・コンサルティングは、そのギャップ把握により顧客体験を見える化することが重要と考え、VOCのデジタルデータの活用を推進しています。このVOC活用手法を「顧客体験フィードバック」と位置づけ、分析結果を社内に環流することで、経営・マーケティング戦略などに活かし企業創造力を高め、全社レベルでの情報活用を実現することを提唱します。本ホワイトペーパーでは、「顧客体験フィードバック」の考え方と手法について解説します。

主なコンテンツ

・顧客の声活用における課題
・デジタル化時代の声活用=「顧客体験フィードバック」
・DX時代の声活用は、企業の提供価値整理が最優先
・声とその変化を社内浸透させるプラットフォーム
・定性データの活用には、高い言語解析技術が求められる

顧客体験フィードバックシステム

続きはホワイトペーパーをご覧下さい

ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2019/12/25

Twilio活用ガイド クラウドとオンプレミスの長所を活かす 安定性と柔軟性を兼ね備えた「ハイブリッド」を提案

KDDIウェブコミュニケーションズ
詳細を見る
コールセンターの音声基盤の構築や更改に際して、クラウドを前提に導入検討したものの、要件が合わずオンプレミスを選択する例は少なくない。コールセンター運営企業が求める、電話の音声品質の高さや機能性がその背景にある。KDDIウェブコミュニケーションズは、オンプレミス型のPBXを活かし、クラウドコミュニケーションAPI「Twilio」を連携させることで、オンプレミスの音声品質とクラウドの機能拡張性の実現を提唱。その活用例を紹介する。

※ホワイトペーパー提供会社:株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
 

Twilio活用ガイド

クラウドとオンプレミスの長所を活かす
安定性と柔軟性を兼ね備えた「ハイブリッド」を提案

国内のコールセンター運営企業が求める、電話の音声品質の水準は高い。音声基盤のクラウドサービスに対する品質への不安が根強いのは、否定しようのない事実だ。KDDIウェブコミュニケーションズは、オンプレミス型のPBXにクラウドコミュニケーションAPI「Twilio」を連携させるハイブリッド構成を提案。オンプレミスの音声品質とクラウドの機能拡張性──双方の“いいところ取り”を提唱する。

twilioのコミュニケーションチャネル

オンプレミスから離れられない企業

 サーバーなどのハードウエアを入れ替えることなく、最先端の技術を活用できるクラウドサービス。そのトレンドは「電話」にもおよんでいる。

 その背景には、企業にとって「顧客との継続的な関係性の構築」が、ビジネス成長をしていくうえでの重要課題となっていることにある。そのためには、“スピード感”の向上と維持は必須だ。社会環境や消費者の嗜好の変化に合わせた顧客体験をいち早く提供、関係強化を図るうえで、オンプレミスシステムのリプレースサイクルは遅すぎるし、機能強化ができるとしてもコストがかかりすぎる。定期アップデートで追加機能を利用できるクラウドサービスへのシフトは、自然な流れと言える。

 一方で、ビジネスが環境しても、オンプレミスシステムから離れない企業もある。その主な理由としては、クラウドサービスを音声基盤に採用する場合の「通話品質」と「地域電話(0ABJ)番号の取り扱い」の2つが挙がる。

続きはホワイトペーパーをご覧下さい





ダウンロードランキング

ただいま準備中です

トレンド・ガイド