ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2022/12/01

アウトバウンドコールセンター向け
アナログ業務のDX改善策

Scene Live
詳細を見る
コールセンターの運営課題として「オペレータ1人当たりの生産性向上」は常に上位に挙げられる。特にアウトバウンドコールセンターでは、29%の時間は番号確認や情報入力など非生産的業務に使用されていると調査結果が発表された。そこで、本資料では「1人当たりの生産性を向上するためのDX」をテーマに具体的なDX事例を紹介する。

※ホワイトペーパー提供会社:株式会社Scene Live
 

アウトバウンドコールセンター向け
アナログ業務のDX改善策

WP表紙

アウトバウンド架電DX化チェックリスト

「アウトバウンド架電のDX化」どこまでできていますか?
まずは下のチェックリストで自社の営業効率をチェックしてみてください。

チェックボックス教育はSV任せで属人化している
チェックボックス「やっただけ」の分析になっている
チェックボックス手動で打電している
チェックボックス具体的にどこを改善すればいいのかわからない
チェックボックスExcel、スプレッドシートで管理している
チェックボックス地域や時間帯別で、効果の出やすさがわからない

2つ以上当てはまる場合、「非効率な営業戦略」により年間億単位の損失が出ているかもしれません。

「働く時間の25.5%はムダ」法人営業だけで年間約8,300億円の経済損失

『コールセンター白書2021』によると、コールセンターの平均稼働率は71%であり、29%の時間は番号確認や情報入力などの「ムダ」業務に使用されているとわかりました。

同調査では、5%のコールセンターは「稼働率が50%未満」という驚きの結果も発表されています。

これら非生産的な「稼働以外の時間」を削減し、経済損失を防ぐために「架電/管理のDX」は業界に関わらず取り組むべき命題となっています。

目次

1.アウトバウンド架電DX化チェックリスト
2.「働く時間の25.5%はムダ」法人営業だけで年間約8,300億円の経済損失
3.電話営業の「ムダ」割合
4.コールセンターの課題から見るDXの必要性
5.営業DXの具体例
6.サービス紹介
7.他社比較表
8.事例集ダウンロード

続きはホワイトペーパーをご覧下さい





トレンド・ガイド