ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2021/10/12

すぐに取り組めるコンタクトセンター在宅化<虎の巻>

ジェネシスクラウドサービス
詳細を見る
ニューノーマル時代を背景に、働き方改革により在宅勤務が進む一方で、コンタクトセンターの在宅化への移行は進んでいない現状がある。その必要性を理解しながら在宅化を断念する企業は少なくない。本レポートでは、在宅を阻む要因の分析から、コンタクトセンターの在宅化に最適な環境構築可能なソリューションについて考察し、システム選定のポイントから導入時の留意点までを解説する。

※ホワイトペーパー提供会社:ジェネシスクラウドサービス株式会社
 

コンタクトセンターのテレワークは不可能だと考えていませんか?
すぐに取り組めるコンタクトセンター在宅化 <虎の巻>

WP表紙

ニューノーマル時代に
コンタクトセンターの在宅化が必要なワケ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々の働き方が大きく変わりました。特に在宅勤務を採用する企業が一気に増えましたが、業種によっては取り組めていない企業もあるかもしれません。しかし、これからの時代、在宅勤務は必要不可欠な取り組みだと言えます。

 

BCP対策

万が一コンタクトセンター内で感染者が発生した場合でも、サービスレベルを低下させることなく稼働を続ける必要があります。また、災害などが発生して出勤が困難になった場合でも、在宅で勤務できる環境が整っていれば、通常通り業務を続けることができます。

感染症予防

ニューノーマルでは、従業員の安全を守り、安心して働ける環境を提供することが企業が果たすべき責務としてより重視されます。在宅勤務はコンタクトセンター内での感染拡大を防止するだけでなく、従業員が通勤時の感染を避けることにもつながります。

生産性向上

通勤の必要が無くなることで、時間を有効に使えるようになったり、通勤によるストレスや体力の消耗がなくなることで本来の業務に集中することが出来るようになります。また、自宅でリラックスした雰囲気で仕事をすることで、生産性の向上が期待できます。

ワークライフバランス向上と人材募集の効率化・定着率改善

働く場所が問われなくなれば、育児や介護を行っていて、決まった時間に勤務することが難しい人でも働きやすくなります。通勤圏外に住む人の雇用が可能になります。少子高齢化などを背景に人材不足が深刻化している現在、課題を解決する方法の1つとして期待できるのです。

続きはホワイトペーパーをご覧下さい



トレンド・ガイド