ホワイトペーパー / 解説レポート

更新日:2021/05/31

コールセンターの応対品質を高める2つのポイントとは?

NTTテクノクロス / ForeSight Voice Mining
詳細を見る
コールセンターの応対品質向上を実現するために解決すべき現場の課題と、その課題を解決するためのポイントをご紹介する資料。

 ■以下のようなお悩みをお持ちのご担当者様にオススメ
  ・応対品質の評価を効率化したい
  ・公平で納得感のある評価をしたい
  ・個々のオペレーターに合わせた指導をしたい


※ホワイトペーパー提供会社:NTTテクノクロス株式会社
 
■NTTテクノクロスが提供する他のホワイトペーパー
解説レポート 「あふれ呼」による機会損失をなくすWithコロナ時代の最新IVR活用術
解説レポート 音声認識技術でコールセンター業務の課題を解決!具体的な事例からの考察と導入ポイント
解説レポート ニューノーマル時代の在宅コンタクトセンターオペレーション

コールセンターの応対品質を高める2つのポイントとは?

ForeSight Voice Mining

NTTテクノクロス

WP表紙

はじめに

 新型コロナウイルスの流行により、顧客との対面接触が避けられている今、コールセンターは顧客対応の最前線に立たされています。

 そんな背景の中、コールセンターの応対品質は今まで以上に重要視されていますが、
「応対品質を評価する人手が足りない」
「サンプリングでは評価にばらつきが出てしまう」
「各オペレーターの強み・弱みの把握に時間がかかる」
──など、お困りの声をよく頂きます。

 本資料では、応対品質評価の課題とその改善がもたらすメリットを考察し、音声認識・分析ツールで人手をかけず高度な応対品質評価を実現する方法をご提案します。

 応対品質改善に向けた施策を検討される際に、是非ご活用ください。

目次

1. なぜ応対品質の向上が重要なのか?
2. 現場が抱える応対品質評価の課題とは
3. 課題解決のポイントと評価方法改善によるメリット
4. 人手をかけず、高度な応対品質評価を実現

続きはホワイトペーパーをご覧下さい



トレンド・ガイド