2021年7月号 <1日3分のストレスをやわらげるイスヨガ>

イスヨガ

<著者プロフィール>
かわむらクリニック院長
AKヨガ代表
医学博士。日本東洋医学会専門医。千葉県浦安市シェラトンホテルでAKヨガ教室開講中。
詳細はAKヨガHP
URL:https://www.akyoga-method.com/

イス腰のばし

川村 明

イスに長く座っていると腰周りが硬くなり柔軟性が低下し、腰痛を引き起こします。今回はイスに座って簡単に腰を伸ばすストレッチヨガを行ってみましょう。できるところまででいいので、トライしてみて下さい。ただし、腰や背中に違和感や痛みのある方は、無理をしないようにしてください。

イス腰のばし[A]

(1)イスに浅く腰掛け、両手で足をつかみます
(2)次に、息を吐いて腰を伸ばして、5秒間キープします

デスクワークでは、長時間同じ姿勢を維持することが多いので、腰や背中の柔軟性も低下して腰痛になりやすいです。これを改善するためには、腰や背中を伸ばすことが大切です。

イス腰のばし[A]

イス腰のばし[B]

(1)「イス腰のばし[A]」をした後に、太腿を両手で抱えるようにしながら、腰をさらに深く曲げ、腰をしっかり伸ばします
(2)この状態で5秒キープします。さらに、腰と背中がストレッチされます

しっかりと腰や背中を伸ばし、コリをほぐしましょう。

イス腰のばし[B]

イス腰のばし[C]

(1)「イス腰のばし[A]」「イス腰のばし[B]」をします
(2)両手をひざの内側にいれて、足さきを外側からつかみ、腰を前に倒して5秒キープ

背中から腰まで強くストレッチされます。

イス腰のばし[C]

以上のストレッチをすることで、腰周り、背中などの柔軟性を増す効果があります。3つのポーズをしっかりしても3分かからないので、仕事の合間に試してください。肩こり、背中のこり、腰痛などが改善されます。
ただし、痛みが生じたり、違和感がありましたら、ただちに中止して下さい。また、身体に不調のある方は、医師に相談のうえなさってください。