転職成功のヒケツ~SV/マネージャー編

※以下の記事は、コールセンターのSV/マネージャーへの転職のポイントについて、採用担当者に話を聞き、まとめました。

SV/マネージャーの採用は、経験を自分の言葉で語れることを重視する傾向があります。
応募の際は、自身の経験をまとめ、具体的に話せるように準備しておきましょう。

数字を頭に入れておく

まず、管轄ブース数やKPI(AHT、CPH、欠勤率、退職率、セールスの場合は獲得目標)は、すぐに答えられるよう、おおまかな数字でも頭に入れておきましょう。
主要KPIを聞かれても、とっさにすらすらと答えられる人は意外と少ないものです。
面接でPCを持ち込めるケースはほとんどありませんが、仮に持ち込めたとしても、何も見ずに即答することで、「目標数値を常に意識している人だ」と印象付けることになります。
メモではなく頭に入れておくことが肝心です。
余裕を持った回答となり、好印象につながります。

HRMの経験を詳細に説明しよう

昨今は、未曾有の人材不足で、多くのコールセンターでオペレータの定着は喫緊の課題です。
採用/研修や退職抑制施策の経験があれば、具体的な面談手法を含め詳細な説明を求められます。
モニタリングを含め品質管理の経験も、詳細に説明できるよう準備しておきましょう。

管理職は、プレイヤーとしての能力が高いことよりも、部下(オペレータ)を育てる能力に長けた人材の方が高く評価されます。
「勉強会を開催した」「ナレッジ共有の仕組みを作った」など、部下の力を伸ばしたり、部下が力を発揮できるような環境を整えた経験を具体的に話せるようにしましょう。

職位、年齢が比較的高い場合はチームリーダークラスの育成経験や、新規プロジェクト立ち上げ経験があることが望ましいです。
良いチームリーダーが複数いることは業績の安定につながりますが、育成が難しく、多くのセンターが苦労しているところです。
このため採用担当者は、シニアマネジメントに若手リーダーの育成経験を期待しています。
経験はあっても結果が捗々しくない場合は、苦労話でもいいので準備しておくといいでしょう。

具体的エピソードがカギ

定性面のPRは、具体的なエピソードを交え語らないと説得力がありません。
「あなたの強みは何ですか」と聞かれた際には「〇〇です。具体的には~」と答えるのは当然として、いくつかバージョンを用意し、短く簡潔に、絵が浮かぶような説明ができるようにしましょう。
具体的な話というのは、準備しておかないと意外ととっさには出来ないものです。

未経験は低評価にはならない

経験を重視しているといっても、未知のものが沢山あることは決して低評価とはなりません。
未経験分野に対し、いかに情報を集め、PDCAサイクルを回しながら遂行するかを説明できれば大丈夫です。

テレマ会社からの事業会社に転職する場合では、会社へのロイヤルティを醸成出来る人材であるかどうかを見られます。
これから入社する会社はクライアントではありません。
「期待に応える」という姿勢ではなく、「期待を超えるポジティブな影響をもたらすことを求められている」ということを意識しましょう。


「仕事をさがす」トップに戻る