ALBERTとアルファコム、AIチャットボットとチャットシステムを連携

ALBERT(アルベルト、東京都新宿区、上村 崇社長)とアルファコム(東京都中央区、松原 悟社長)は、両社が提供するシステムの連携により、チャット対応の最適化を提案する。

ALBERTが提供するAIチャットボット「Proactive AI」と、アルファコムが提供するチャットシステム「M-Talk」を連携。チャットボットによる自動応答で解決できなかった問い合わせをチャットオペレータにエスカレーションできる。チャットボットが回答した内容はM-Talkで閲覧できるため、スムーズな問い合わせ内容の把握と解決策の提示が可能だ。


システム連携イメージ
「Proactive AI」と「M-Talk」の連携イメージ


両社は、システム連携に伴って特別キャンペーンを展開。2018年5月31日までに申し込んだ企業を対象に、初期導入費および月額費用(導入から3カ月間)の割り引きを実施する。先着15社限定。詳細は、ALBERTまたはアルファコムの各営業窓口に問い合わせ。