2017年10月号 <センター探訪>

センター探訪

センター探訪

センター探訪

休憩室を彩るハローキティ

©1976, 2016 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No. SP580001

トランスコスモス

“明るく楽しい”をつくる
サンリオワールドな休憩室!

 「休憩室の壁一面にキティちゃんがいる」と聞いて訪れたトランスコスモス MCMセンター多摩。同センターのオリジナルキャラクターの「たまごちゃん」とコラボレーションしたハローキティが待つ、明るく楽しい空間が演出されていた。

 今年の春から、「リフレッシュコーナーの充実」をテーマにセンターの改善に着手。廊下にある壁面ロッカーの前に、50名が座ることのできる明るい色のベンチを置いたり、軽食を食べられるカウンター&バーチェアなどを新設。コンビニエンスストアが提供する飲み物以外にサンドイッチなども入っている自動販売機を設置した。

 「以前は、別の階にあるコンビニまで行っていたのですが、5分や10分という短い休み時間でも気分転換の糖分が取れて、リフレッシュしやすくなりました」(MCMセンター多摩 井出詩織さん)と話すように、自分へのご褒美が身近になってモチベーション向上にもつながっているようだ。

 ハローキティは、サンリオとの使用許諾契約で、オリジナルに作成された壁紙を年間契約で使用している。同社センターのうち、サンリオピューロランドが近くにある多摩と託児所のある沖縄に導入した。

 クライアントの慰労会やファミリーデーなどの社内イベントでの利用はもちろん、街全体のイベントなどでは公開スペースとして多くの人が訪れる。

 今年の春に同社に入社したMCMセンター多摩の柳原朋佳さんは「サンリオはかわいらしくて女の子らしいイメージだったのですが、主婦の方でも楽しめるレトロポップな印象です。多摩センターのキャラクターとキティちゃんのコラボレーションは感動しました」と話す。

 明るく楽しい雰囲気は「気分転換」に大きく影響する。環境改善によるES向上施策の一例だ。

センター探訪

センター探訪

ベンチとバーカウンターを新設してリフレッシュコーナーの充実を図っている